ANIRON

ひとりごと日記

日記

2022.09.29 誤植のお詫びと今後の詩作について

お知らせ 2022.09.29 お知らせ 折本DL版『ねむれるものにはすみれの花』をお買い上げいただき、ありがとうございます。 star-bellflower.booth.pm 群れ咲くすみれ色の花々だけをおまえのねむれる瞳に贈る──。 人を狩る吸血鬼×眠りつづける吸血鬼の全年齢向け…

2022.09.28 親を許す/許さないのグレーゾーンに踏みとどまること

鈴木裕『無(最高の状態)』を先日読んだ。 無(最高の状態) 作者:鈴木祐 クロスメディア・パブリッシング(インプレス) Amazon 毒親のもたらす「悪法」という認知のスキーマによって、歪んだ形で物語を作ってしまい、その認知に囚われることで「私」の苦…

2022.09.27 タフネスがなければ生きられない

国葬に関する言及はここでは避けることにして、昨日書いたことについて、もう少し掘り下げていきたい。 aniron.hatenablog.com 昨日は自費出版という壁に直面して鬱々としていたのだけれど、ここはタフになるしかない。詩人や歌人のツイートをさまざまに見て…

2022.09.25-26 プロ詩人と自費出版という壁

短歌のことは把握していたのだけれど、詩に関しても新人賞に通っても自費出版で100万円以上の出費を経なければ商業配本で本が出せないことを無知蒙昧にして今更ながら知り、どうしたものかと思っている。 例え賞で誉を得られたとしても、商業配本で詩集が出…

2022.09.22 読んでいる本と宮沢賢治と

話は前後するが、9/22の日記を下記に記す。 前日の夜は4時まで眠れず、自分自身の詩歌の方向性がわからなくなってしまって悩みに苛まれた。 眠って13時ごろ起き、家事を片づけたあとは、ひたすら本を読んでいた。 生き方を探るために手に取った『暁の天使た…

2022.09.23 折本「ねむれるものにはすみれの花を」の頒布を開始しました

ペーパーウェルに寄稿予定だった折本は、BOOTHでDL形式の折本頒布と、noteでの有償頒布をすることにした。 star-bellflower.booth.pm note.com 群れ咲くすみれ色の花々だけをおまえのねむれる瞳に贈る──。 人を狩る吸血鬼×眠りつづける吸血鬼の全年齢向け創…

2022.09.21 ココア共和国落選と今後の創作の方向性の模索

一日を通じて低調な日だった。 ひとりでyoutubeやamazon prime videoで柄にもなく様々な動画や映像を観て、ソファでゴロゴロしたり、夕食を完食できずに残したりして、どうにも不調気味だ。 主人からはソファでゴロゴロしているのが可愛いと云われたけれど、…

2022.09.17-20 詩歌から離れられない

短歌に対する主人からの講評をもらった。曰く、私の短歌は視野が狭く、詠む対象に広がりがないらしい。私は短歌が下手だという思いを強めてきたここ数ヶ月だったけれど、考えてみれば歌の姿が痩せてきたのは、そこに一切の幻視も含まない、内面的な写生とい…

2022.09.20 私の保守主義のあり方

三連休を終えた。 この間、ブログは主婦ブログのみを更新し、創作からはほとんど離れていて、読書といえばもっぱら娯楽小説を読むばかりだった。 snowrabbit21.hatenablog.jp snowrabbit21.hatenablog.jp snowrabbit21.hatenablog.jp 少しの間詩歌から離れて…

2022.09.17 新刊書店で買った本と短歌と

台風直前ということで、書店まで出かけた。 さまざまに気になった本があったのだけれど、手元に迎えたのは2冊のみになった。 カミーユ (現代歌人シリーズ22) 作者:大森 静佳 書肆侃侃房 Amazon 岡井隆の忘れもの 作者:岡井隆 書肆侃侃房 Amazon 岡井隆の短歌…

2022.09.14 #2 焼き締められたゴシック、あるいは呪いの系譜について

本論 追記 本論 先日の記事に引き続いてゴシックの表現について書く。 先の歌集について「焼き締められていないゆるい」表現という風に評したので、では焼き締められた表現とは何かと考えるときに、思い当たるのは、先の歌集を評価した藤原龍一郎こと藤原月…

2022.09.14 短歌を詠み、短歌を読む

どうにも自分の短歌が上達しない。それどころかクオリティが下がる一方な気がして、朝から希死念慮に苛まれながら推敲をした。 飛躍というものがなければやはり詩情は生まれない。 aniron.hatenablog.com 軽みを重視し、いずれも口語表現の持つフラットさを…

2022.09.13 ペーパーウェル09原稿完成/松野志保を読む

お知らせ 図書館エッセイ集『図書館という希望』 ペーパーウェル09原稿完成 松野志保を読む お知らせ 図書館エッセイ集『図書館という希望』 新たに図書館エッセイ集『図書館という希望』をお読みくださり、ありがとうございます。 図書館という希望 作者:嘉…

2022.09.12 メンタルメンテナンスDAY

予定より一週間遅れでようやく月経期間に入り、昨日多摩動物公園に行った疲れもあって、一日ぐったりしていた。 詳しくはこちらのブログで公開予定なので、お待ちいただければ幸いです。 snowrabbit21.hatenablog.jp ハレのあとはケの日々がふたたび続く。た…

2022.09.09『ねむらない樹』vol.9を読む

書肆侃侃房の『ねむらない樹』vol.9を引き続き読んでいる。 短歌ムック ねむらない樹 vol.9 特集=詩歌のモダニズム 作者:書肆侃侃房編集部 書肆侃侃房 Amazon 今朝読んだのは作品集に並んだ短歌群で、これらを読んで考えたことをさまざまに紙に落としてみた…

2022.09.08 #2 詠めないなりに短歌の方向性を模索する

あまりメンがヘラったことばかり書いてもしょうがないんじゃないかという気がしてきて、ここ数日はもっぱら創作のことか、読書のことだけを書くようにしているのだけれど、療養詩歌を作ると決めた私にとって、病んでいる心身を書くことは、もはや避けようが…

2022.09.08 ペーパーウェル09出展原稿の初稿完成

#ペーパーウェル09こんばんは。先月のテーマアンケートではたくさんのご投票をありがとうございました! 本日は第9回の概要を公開します。基本的な内容は第8回を踏襲していますが変更点もあります。変更点は次ツイートで抜粋しますね。→ pic.twitter.com/J0c…

2022.09.05 『角川短歌』9月号を読むことと本棚整理

随分と遅くなってしまったが、『角川短歌』9月号をようやく読み終えた。 短歌 2022年9月号 [雑誌] 雑誌『短歌』 角川文化振興財団 Amazon 松野志保の短歌を読みたくて購入。彼女の高雅な歌風はやはり変わらず。 先日読書会で読んだ横山未来子『金の雨』…

2022.09.05 NHK全国短歌大会・NHK冬の誌上短歌大会出詠

昨日書いた記事にある通り、ディスプレイを変えて、リーリエちゃんはポケモンコーナーに移して、アスカちゃんをデスクに飾った。 かしばこ商店 透明フィギュアケース 242424 プラスチック 組立式 W240×D240×H240mm ディスプレイケース かしばこ商店 Amazon …

2022.09.03 横山未来子『金の雨』読書会

歌会でご一緒していたまさやまさんと、共通の友人である主人とを交えた読書会の日だった。 テキストは横山未来子『金の雨』を選んだ。 歌集 金の雨 作者:横山 未来子 短歌研究社 Amazon 横山未来子はもともと主人が好きな歌人ということもあり、またまさやま…

2022.09.01-02 咲けない日に短歌を考える

ここのところ予定が詰まっていたのと、徹夜もあって調子を崩し、この二日間はほとんどいわゆる「意識のある重体」状態だった。 渡辺和子『置かれた場所で咲きなさい』に「咲けない日があってもいい」と書かれていたように記憶しているので、引用しておく。 …

2022.08.31-09.01 朝までノンアルで飲み明かして交わした話

9/1深夜1時、この前日はかねてから書いた通り、旧居の最寄りの薬局に薬を受け取りに行くことに関して少々トラブルがあり、薬局の人が手違いで渡したジェネリック医薬品と、新薬とを交換せねばならず、気を揉んだこともあって消耗していた。 そこに不眠の気配…

2022.09.01 8月の読書まとめ

計14冊、漫画を読むことが多い月だった。 個人的にセンシティブな内容に触れる感想は控えるけれど、書いてきた記事とともに感想を紹介したい。 全体として軽めの内容の読書になってしまったのは残念だけれども、今月はもっと詩歌などにも触れていけるといい…

2022.08.30-31 体調不良の近況と短歌鑑賞

ここのところ低気圧にPMDDの症状が加わり、さらに夏の疲れもあって、なかなか日記を書けずにいた。 この間、8/30に虫歯ではないかと疑って歯医者に行って、虫歯ではなく知覚過敏だということがわかってステインを除去してもらったり、期限が切れる8/31までに…

2022.08.25 短歌という秘密のクローゼット

PMDDの症状が出てくる頃合いになり、今日は一日中希死念慮に苛まれていた。 本もまともに読めず、短歌も詩も思うような成果が出ない。思うに短歌に関してはNHK短歌との作風のミスマッチを起こしていると判断せざるを得ないし、新たな投稿先を見つけたい。 N…

2022.08.24 ココア共和国落選と朔太郎と

テルーの唄 手嶌葵 J-Pop ¥255 provided courtesy of iTunes music.apple.com 昨夜、ふとテルーの唄を聴きたくなって、今朝からもじっくり聴いたのだけれど、これは本物の詩だと思い、萩原朔太郎の詩「こころ」がベースになっているという話を思い出して、『…

2022.08.24 少女終末旅行完走後の感想

この度『少女終末旅行』を完走した。 少女終末旅行 1巻 (バンチコミックス) 作者:つくみず 新潮社 Amazon 少女終末旅行 6巻(完): バンチコミックス 作者:つくみず 新潮社 Amazon チトとユーリは最後の最後で人間が生きる意味を見出すことができた。たとえ…

2022.08.23 自然と人と

もともとこの季節は調子を崩しやすいこともあり、また主人のPET-CT検査など、さまざまなことが重なって気落ちすることが多い日々を送っている。 この日は朝方まで眠れず、昼ごろ起きて、しばらく記事を書いたあと、リフレッシュのためにルーフバルコニーに出…

2022.08.22 kindle半額セールやポイント還元セールで買った本

つくみず『少女終末旅行』全6巻揃 宮澤伊織『裏世界ピクニック』全7巻揃 井上大輔『マーケターのように生きろ』 下園壮太『自衛隊メンタル教官が教える イライラ・怒りをとる技術』 つくみず『少女終末旅行』全6巻揃 少女終末旅行 1巻 (バンチコミックス) 作…

2022.08.21 少女終末旅行と「作家の死」について

折本散文詩集「凍蝶の弔い」宣伝 2022.08.21 折本散文詩集「凍蝶の弔い」宣伝 star-bellflower.booth.pm note.com 中里介山『大菩薩峠』の主人公・机竜之介にフィーチャーしたオマージュ散文詩作品集。和風ホラーや耽美な作風がお好きな方におすすめしたい作…