ANIRON

ひとりごと日記

2021.04.12 失意と祈り

複数の人たちからネトストの被害を受けて、読書メーターを退会した。

移行先についてはここでは明かさない。

ブログの運営も危ぶまれて、一時的に非公開設定にしたりもしたけれど、主人からブログは雨伽さんにとって大事な場所だから、ネトストはあまり気にしないでつづけるといいと云われた。

実際にここは私にとってはかけがえのない居場所になっているし、社会参加も兼ねているから、せめてブログだけはつづけたい。

 

それでも人間不信に拍車がかかって、徹夜もしたし、昼間は何も手につかなかった。

精神的な自分の大切な領域を侵されてしまった気分で、本当にやりきれない気持ちになってしまった。

せめてもと、昼過ぎに起きて大判焼きルピシアの深蒸し煎茶でお茶をした。

f:id:aniron:20210412223839j:plain

それからしばらくは不安な気持ちでいっぱいだった。

Twitterを鍵つきで再開しようとしたら、またもやあまり交流のない別の人に絡まれて、本当に今はただただ人が怖い。

決して悪意はないのかもしれないけれど、人間の善意というものは本当に当てにならないということをつくづく実感する。

自分にそういう隙があるからだろうかと考えてしまい、またもや人を誑かしているように思われて、自責感も否応もなく高まってしまった。

PrayerXを聴きながら、ぼんやりとアッシュのことを思った。

music.apple.com

f:id:aniron:20210412230304j:plain

彼もさまざまな体験の中でどんなに耐えがたい想いをしてきたことだろう。それでも立ち直らなければ生きていけなかった彼の人生の過酷さを思うと、いくらかでも心が通じ合う気がして、少しばかり心をなぐさめられる。

 

結局Twitterはふたたびアカウント削除手続きをした。

どうしてもあそこには私の過去が詰まっているし、そこから新天地を求めてブログへ移行したので、やはり戻るに戻れなかった。

どんな人がフォロワーであっても、あの場所は相互監視状態であることに変わりはないので、戻ったとたんに疲れてしまったということもある。

それでもやはりやりきれない想いが強くなってしまい、家にいると無限に考えこんでしまいそうだったので、主人に連絡をして居酒屋へ行くことに。

 

9時までの営業で客はほとんどおらず、ほぼ貸し切り状態で主人と飲んだ。

私もアルコールで気を紛らわせたかったのだけれど、あいにくとここまで調子を崩しているときに飲むのはよろしくないので、ノンアルをいただいた。

私の口が重いのを見かねた主人が懇ろな言葉をかけてくれて、ようやく気持ちが楽になった。

それから書店に寄ってマシュー・バトルズ『図書館の興亡』が平積みされているのが目に入り、ふたたび図書館通いを再開させたいので買うことにした。

f:id:aniron:20210412231341j:plain

ここのところ精神的に参ることが多すぎて、なかなか外出する機会がないので、こうして主人と書店に立ち寄れる機会はとても貴重なものとなっている。

医師からは外に出るようにと云われているけれど、マスクをつけて外出することを余儀なくされていて、どうしても過呼吸が出てしまう。

ひとりで歩いているとだんだん苦しくなってくるので、こうして一緒に人と歩く方がいくらか気が楽なのだ。

とはいえ図書館には本を予約しているから、今週中に受け取りに行かねばならない。

 

酔って上機嫌な主人がアーモンドチョコを買ってお茶をしながらアニメを観たいというので、帰宅してルピシアダージリン1stフラッシュを淹れて、グレートプリテンダー1・2話を観た。

f:id:aniron:20210412223851j:plain

f:id:aniron:20210412230806j:plain

ローラン役の諏訪部さんの声がとてもセクシーだなと思う。

終始明るい雰囲気のアニメで、同じくアメリカを舞台にしながらもBANANA FISHとはまったく作風が違うので、今のメンタルの状態で観ていてもさほど負担にならずに済む。

アメコミ風の背景の作画も素晴らしいし、終始明るい雰囲気のアニメは観ていて朗らかな気持ちになる。

こうして夜にお茶をしてアニメを観る時間だけが私の心の安らぎになっているのかもしれない。

 

昨日書いた友人のことを含めて、まだ心の傷はそう簡単には癒えそうにないけれど、それでも今はBANANA FISH感想本とエッセイ集を作ることだけを希望として生きている。

evie-11.hatenablog.com

そのささやかな夢だけは潰えることのないように心から祈っている。

どんなに弱っているときでも、夢が私をここまで生かしてきたから、新たな夢を達成することだけを心に描いていたい。