ANIRON

ひとりごと日記

2021.09.11 うつの悪化と読書と

うつが悪化して、食欲もやる気も根こそぎ奪われて、日々死にたい気持ちが募っているところに受診日が来て、主治医に帰省のことを話したところ、母との関係が悪いのでやめた方がいいと云われてメンタルが地の底にまで落ちてしまった。

結局帰省する意思に変わりはないので帰省することになるけれど、それでも本当に医師には振り回されっぱなしだなと思う。

ようやくSSRIのトリンテリックスを出してもらったものの、悪心に見舞われてしまっていて、気がめいっている。

なんとか生きねばならないと思うだけで日々を永らえていて、創作はその気持ちの発散として行っているけれど、それでもままならない。

とにかく早く結婚式が終わってくれることを願うしかない。

そういう状況なので、ここ数日は満足に本も読めないまま不全感が募りに募っている。

 

Twitterにもほとんど顔を出さずに、リア垢のみ運用していて、病状が落ち着くまではこのままでいようと思っている。今はツイフェミのいいねも見たくないし、日々憤りつづけている左派の政治ツイートにも触れたくはない。

自分の思想の軸をもう少し強固なものにしなければ、自分の精神の下支えにならない気がして、ここ一ヶ月ほどは思想のことをブログに書くことも多かったけれど、今度はそのことに対して強い自責の念を抱くようになってしまった。

保守であることに誇りを持てずにいるのが本当に心苦しい。

私は自民党総裁選は今のところ岸田氏を支持しているのだけれど、それについて詳述しようと思って、結局公開せずに下書き保存したままになってしまっている。

さらに本を読んで学んでいかなければ、と思っていたところにうつの波が押し寄せてきてすべてがおじゃんになってしまったので、もうしばらく回復には時間がかかりそうだ。

それでも問題意識の在処は変わらないし、自分の思想のあり方を模索していくためにも積んでいる以下の本を順次崩して読みたい。

 

またここのところホルモンバランスの乱れもあって、お宮にもお詣りできずにいる。

そのこともメンタルの調子を崩す要因のひとつになっていることはたしかなのだが、せめてお詣りはできずともお宮を遠目に拝んで、心のよりどころとしたい。

f:id:aniron:20210822203849j:plain

政治のことだけではなく、引き続き神道のことや、民俗学など、自分の精神のよりどころとなる分野の本を読んでいきたい。

今読んでいる本から少し離れて、もう少し軽めの内容の本を選ぶなど、本が読めないときなりの読書も楽しみたい。

そうした本たちがブログを書くにあたって大いに役立ってきたという背景もあるし、軽めの本を読むとまた自責感に駆られるのだけれど、これも意味のあることなのだと位置づけておきたい。

snowrabbit21.hatenablog.jp

これからも「読んで学んで書く」という流れを大事にしていきたいし、そのためにも本を読む元気がない時にも何かしら読む習慣をつづけていきたい。

今年は200冊を読むという目標も掲げているし、その達成に向けて励みたい。

今気になっているのは歌集で、ここのところ短歌を詠むモチベーションが落ちているので、ふたたび再起を果たしたいと願っている。

evie-11.hatenablog.com

 

またおかげさまで図書館エッセイ本『図書館という希望』はぽつぽつとお読みいただけているようで、改めて感謝申し上げます。

f:id:aniron:20210906221944j:plain

ブログ「広寒宮」で綴ってきた図書館にまつわるエッセイに書き下ろしを加えた、図書館エッセイ集です。
「もうひとつの家」としての図書館との付き合い方や、蔵書にまつわること、一利用者から見たコロナ禍の図書館の記録、幼少期に通った図書館との思い出など、今だから読みたい内容をぎゅっとまとめました。
本書が図書館を愛するすべての人の友となりうることを心から願っています。
 
-収録作品-
図書館という希望
ふたつの棚
図書館という友人
ふたたび図書館へ一
図書館の使い方を模索する
コロナ禍の図書館について
蔵書の整理
ふたたび図書館へ二
先達の目とBANANA FISHにみる図書館の精神
図書館という知の海に漕ぎ出す
図書館で知を拓く
学校の図書室の思い出
非常事態宣言下の図書館
本書に登場した書物
少しでも本を読者の方へお届けできているという実感が得られると、生きる糧になるので、今後ともよろしくお願いいたします。