ANIRON

ひとりごと日記

2021.10.28 美しく飛べない鳥

想像上の自殺未遂をした。

この実家のマンションとはどうにも相性が悪いらしい。12年ぶり2度目だ。

といっても今回は実行に移したわけではなく、実際に行動に移すシミュレーションをしてしまったというだけなのだけれど、ベッドから一歩足を踏み出せば12階の高さから転落することになって死ねるので、一応未遂ということにしておく。

ここのところPTSDが再燃していて極度の人間不信に陥る出来事が重なり、精神的に追い詰められていた。

医師には何度か連絡をしているのだけれど、相談できる人も他になく、手を差し伸べてくれる人も、話を聞いてくれる人もいない。

よほど電話相談をしようかと思ったのだけれど、ただでさえ参っている時に一から経緯を説明するのが億劫で検索するだけにとどめて、そこから急激に自殺衝動に駆られてしまった。

ひとまず起きたら病院に連絡したいけども、あいにくと今日は主治医の出勤日ではないので明日に持ち越すことになる。

たまりかねて遺書代わりとして詩を書いた。

別途遺書めいたものも書いたけれど、恨みつらみに終始してしまい、詩の方がまだいくらか読める内容だったので載せておく。

こんな時でも詩は書けるのだなと思うとなんだか無性にやるせない思いに駆られるけれど、他に公開する宛もないのでここに載せることにする。


美しく飛べない鳥

美しく飛べたらいいのに、ついぞ空は夜明けを迎えないまま暗渠のように黒い口を開けて、その底に眠るものたちも年老いてやつれたまま、一年が過ぎ、二年が経ち、やがて十二年の時が去って、いや増してゆくばかりの憤怒だけを母胎に孕んで生まれてくる子どもたちに名前はなく、洗礼を授ける教会は地の果てに光を受けてそびえるばかりで、その輝きはついに届かない。明滅する映像を、大音量で耳を痛めつける轟音で打ち消して、あるいは遠い港に打ち寄せる波の音でかき消そうとしても、無言の哄笑は止むところを知らない。ニュースキャスターが作り笑いをしているうちに、私もまた仮面のように張りついた笑みを浮かべていることに気づくが、その下に眠る子どもの慟哭の声は無音となって鳥にはなれない。