ANIRON

ひとりごと日記

2022.01.05 #2 再起を図る

新たに図書館エッセイ集『図書館という希望』をお読みいただき、ありがとうございます。

ブログ「広寒宮」で綴ってきた図書館にまつわるエッセイに書き下ろしを加えた、図書館エッセイ集です。

「もうひとつの家」としての図書館との付き合い方や、蔵書にまつわること、一利用者から見たコロナ禍の図書館の記録、幼少期に通った図書館との思い出など、今だから読みたい内容をぎゅっとまとめました。

本書が図書館を愛するすべての人の友となりうることを心から願っています。

 

-収録作品-

図書館という希望

ふたつの棚

図書館という友人

ふたたび図書館へ一

図書館の使い方を模索する

コロナ禍の図書館について

蔵書の整理

ふたたび図書館へ二

先達の目とBANANA FISHにみる図書館の精神

図書館という知の海に漕ぎ出す

図書館で知を拓く

学校の図書室の思い出

非常事態宣言下の図書館

本書に登場した書物

kindle unlimited会員様は追加料金なしでお楽しみいただけます。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

前述したような経緯があり、主人が気遣ってくれて、「気分転換になるかもよ」と云われて、共に仮面ライダーアマゾンズを観はじめた。

ダークな世界観と凝ったセットの数々に魅せられたのだけれども、まだまだ謎が多い。

悠の置かれた環境は、私の大好きな映画である、ルシール・アザリロヴィック「エヴォリューション」を彷彿とさせてワクワクした。

これまで観た仮面ライダーオーズ仮面ライダーWとは全く違う雰囲気で、ホラーテイストであったり、サスペンス要素も強くなっていて、先の展開が今から楽しみだ。

脚本はオーズの小林靖子が手がけているということで、大いに期待できる作品だ。

 

それから落ち着かないのでしばらくアナログノートに体調メモを書き散らしていた。

ここのところ本が読めていないことや、前述した経済的な事情、体調上の不安などが頭から離れずにストレスになっているらしい。

経済的な事情に関しては、ふたたび貯めるしかないと割り切ったので、あとは倹約しつつ着実に貯めていきたい。個人的な手持ちにいくらか貯金があったので、そちらをひとまず失った分の足しにして、貯めるための具体的な計画を立てた。

減った分、個人的な貯金も同時並行でやっていきたい。

私は買い物依存症の気があり、そのためにもストレス発散の手段をいくつか持っておいた方がいいのだろう。

その点運動はストレスを逃すための手立てとなりうる。

朝にスピンバイクを10分ほど漕いだのだけれど、実際に漕ぐのはかれこれ一年ぶりで、随分と筋力が弱っているのを実感した。

調べたところ、スピンバイクは10分で50kcalを消費するというので、全身にも負荷がかかる。今後とも継続的に漕いでいきたい。

ちなみに今回は仮面ライダーWのサントラを聴きながら漕いだ。

仮面ライダーW SPECIAL

仮面ライダーW SPECIAL

  • Various Artists
  • アニメ
  • ¥5000

music.apple.com

こうして好きな音楽をかけながら運動ができるのはうれしいことだし、いいリフレッシュになる。ゆくゆくは時間を伸ばしていきたい。

前述したように、運動のモチベーションも上げていきたいところだし、運動に関する本を読むというのも手かもしれない。

中にはすでに読んだ本もあるので、再読ということになるけれど、その点スムーズに拾い読みができるのはありがたい。

そうして少しずつでもストレスを逃す手立てを実践しながら、運動不足も解消して、体力づくりやシェイプアップに役立てたい。