ANIRON

ひとりごと日記

2022.02.12 発熱相談センターに電話しました&抗原検査の結果

※あくまでも一個人の一症例です。

※ご自身の体調に不安がある方は、かかりつけ医か、発熱相談センターにご連絡ください。

 

創作トピックにお邪魔していました。

aniron.hatenablog.com

f:id:aniron:20220212134714p:plain

お読みくださった皆様、ブクマをはじめ、評価してくださった皆様、ありがとうございました。

 

さて、ここのところ体調不良が続いていて、まともに起きていられない。

37.3℃を最高値とする微熱と悪寒がここ3日ほど続いており、朝に軽い咳が一、二度出たので、発熱相談センターに電話をした。

年齢、体重(40kg未満かどうか)、基礎疾患の有無、身近なところに濃厚接触者がいないこと、渡航歴がないこと、ワクチンを8月に2回接種済みであることなどを告げた。

私の場合はうつ病発達障害をはじめ、メンタルの持病があるので、一応基礎疾患持ちという分類になる。そのことをきちんと伝えた。

すると、36.8℃〜36.9℃が平熱であれば、コロナの可能性は少ないとのことだったが、マスクを着用し、加湿と水分補給をした上で、安静にしておくことをアドバイスされた。

さらに月曜日に念のために病院を受診して検査を受けるようにと云われた。PCR検査自体は診察料は別途かかるが、PCR検査自体は無料で受けられるらしい。

ここのところ高温期の時期に重なっていて、おそらく原因としては高温期によるものかもしれないと思ってはいるのだけれど、時節柄どうしても不安になってしまった。

発熱相談センターにたびたび電話をかけるも繋がらず、かかりつけ医に連絡しても「うちではコロナの対応はしていない」と云われて、病院を案内されることもなく、不安を募らせていた。

今回ようやく発熱相談センターに相談をして、ようやくその不安が少しばかり解消されたのでほっとしている。

ひとまず主人の協力を得て、自室にある加湿器機能のついた空気清浄機を移動させて、マスクを着用して時々検温をしながらこの文章を書いている。

昼ごろ以降はくしゃみも咳も治まっていて、一度も出ていないし、37.5℃未満の微熱と倦怠感以外に目立った症状はない。

 

そして2/13の日曜日、申し込んでいた都の抗原検査キットが届いたので、そちらで検査をすることにした。

説明書を熟読して検査をしたところ、陰性だった。

f:id:aniron:20220213151018j:plain

ひとまずほっとしている。

ここ一週間ほど不調が続いていて気が気ではなかったので、早い段階で都の抗原検査キットを申し込んでおいて良かったと思う。

まだまだ感染リスクは高い状況が続いているし、今後とも極力最寄り駅圏内から出ない範囲で過ごしたい。