ANIRON

ひとりごと日記

2022.03.01 ウクライナの人道危機を支援する募金に寄付しました

少額ではあるけれど、Tポイントと楽天ポイントを使って、ウクライナの人道危機を支援する募金に寄付をした。

corp.rakuten.co.jp

f:id:aniron:20220301164515j:plain

donation.yahoo.co.jp

f:id:aniron:20220301164513j:plain

 

昨日の日記を書いて、自分自身にもっとできることがあるのではないだろうかと思いながら過ごしていて、楽天のトップページにアクセスしたところ、募金のページが出ていたのでさっそく寄付をしたのだった。

aniron.hatenablog.com

今日も体調不良のために横になりながらではあったけれど、短歌を詠んだ。

f:id:aniron:20220301165049j:plain

IKEAのLEDキャンドルを灯したのは、せめてもの自分への心やりでもあったけれど、それと同時に平和への祈りの気持ちもあった。

短歌に関しては非公開としようか迷ったけれど、それでもやはり載せておきたい。

 

きのこ雲聖歌を歌う乙女らの祈りを継いで歌う定めよ

異教なる神ではあれど手を合わせ祈る心はひとしきままに

歌うことのみ能うなら詩に乗せる死者への祈り反戦の歌

清明を旨とし生きて死にゆかんたとえ戦火が迫り来るとも

春の暮キャンドル灯し祈り添え臥せる窓辺に鳩の鳴く声

 

同様の内容を以下のサイトでも公開しているので、よろしくお願いします。

note.com

kakuyomu.jp

詩も書いたけれど、こちらはココア共和国に投稿予定なので非公開とさせていただくことにした。

再来月号のココア共和国にはおそらく反戦の詩が多数掲載されると思うし、それぞれの詩誌歌誌も同様だろう。文学のひとつの意義としての反戦の思想は今こそ見つめ直さねばならないとも思う。

私の敬愛する泉鏡花は一貫して反戦を謳いつづけた。その精神を継ぎたい人間として、たとえ無力であったとしても反戦を訴えたい。

自分になせることはとても少ないけれど、それでも私には詩があり歌がある。

その言葉で平和を願う心を表現していきたいと切に思う。