ANIRON

ひとりごと日記

2022.04.10 新居の本棚どうする問題

9日に新居の中古マンション購入の契約に行ってきた。

その前後から体調を崩していて、なかなかブログの更新がままならなかった。

感情の波も激しくて、なかなか落ち着いて創作をしたり読書をしたりするのが難しくなっている。今は仕方がないと割り切らないと、到底やっていけそうにない。

行き場のない不安や悲しみが絶え間なく押し寄せてくるのだけれど、それを誰かに相談することもできず、著しく消耗している。

頼みにしていた、マンション管理士の資格を持つ実父からも寿ぐ言葉をかけてもらってほっとしているけれど、その一方で不安ば気持ちをなかなか伝えられる相手がいなくて困っている。

今の住まいを離れることが本当につらくてしょうがない。

目の前が大通り沿いということもあり、閑静な住宅街からは離れることになるし、一年で最も楽しみにしている秋虫の音色も聴けるかどうかわからず、気が重くなるばかりだ。

ここのところ不眠の症状が強まっていて、朝5時まで眠れない日もあり、ただでさえ医師から「うつ傾向」と云われるほど病状が悪かったところに更なる打撃を受けている。

ひとまず当分は働けそうにない体調状態なので、節約をしていこうという話になった。

スマホiPhone SE第三世代購入とともにahamoに変えたのだった。

またapple musicやNintendo Switch Onlineを解約することにしたので、しばらくの間は手持ちのCDをPCに取り込んで対処をするとともに、デジタル・CD両方を駆使して愛聴している音源を手に入れようと思っている。

ひとまずノートに書き出しておいて、追々作業に移れればと思っている。

f:id:aniron:20220410194758j:plain

そして今日はその作業をしようかと思っていたのだけれど、体調が悪くて叶わなかった。

このように夏過ぎから冬先にかけて、不調の日がなかなか長引いてくる時期でもあるので、とにかくできるうちにできることをやっていかねばならない。

頭を悩ませているのが本の問題で、我が家にはおそらく夫婦合わせて数千冊に上ると思われる本がある。

自室に置く本棚はひとまずIKEAのヘムネスを考えていたのだけれど、主人に壁一面の本棚にしないのかと云われて、はじめに最大量の本棚を確保しておかないと、後々本を増やしていくにあたって困ることになるよと説得された。

f:id:aniron:20220410195833p:plain

www.ikea.com

f:id:aniron:20220410195852p:plain

www.nitori-net.jp

ちなみにリビングに現在持っているスタッキングシェルフ2台を夫婦それぞれの分として確保する予定なので、それだけでも相応の量が入るのだけれども、図書館の利便性を考えると、どうしても自宅での読書を重視するということになりそうだ。

f:id:aniron:20220410200213p:plain

つまりそれだけ自室の本棚をできるだけ大容量にしておかないと、せっかくの持ち家だと云うのに本を増やすに増せないということになる。

また自室には現在リビングに置いている3×2列のスタッキングシェルフを譲り受ける予定なので、ひとまずこちらは美術書などを納めたり、飾り棚にしたりしようと考えている。

f:id:aniron:20220410200314p:plain

代わりに私は自室に置いている、一列のスタッキングシェルフを横置きにした上でテレビ台として差し出すことになった。

f:id:aniron:20220410202107p:plain

 

さらに本とコミックは分けておきたいので、引越しの際には今使っているこちらの回転式本棚も持っていくつもりでいる。

f:id:aniron:20220410200936p:plain

www.nitori-net.jp

新居には今住んでいるところと違って書庫となる場がないので、それだけ確保する必要が出てくる。

無論整理も進めていかねばならないけれども、ひとまず最大容量の本棚を整備して後々に備えたい。