ANIRON

ひとりごと日記

2022.04.26 闘病記録とアニメと

読書トピックにお邪魔していました。

aniron.hatenablog.com

お読みくださった皆様、評価してくださった皆様、ありがとうございました。

引き続き当ブログをよろしくお願いいたします。

 

 

毎日毎日飽きもせず、生きているのもやっとな日々がつづく。

正確に云えば食欲と睡眠欲がとことん落ちていて、食欲の方は3月から落ちていたのだけれど、まだ寒い時期には雑炊やにゅうめんなどを作って凌いでいたものの、ここのところの暑さでそうすることもできなくなり、いよいよ食べるのがストレスになってきた。

朝昼はひとりで自炊をし、夕食は主人に担当してもらっているのだけれど、朝昼の用意もおぼつかないし、主人がせっかく作ってくれた料理もほとんど箸をつけずに残してしまう。

主人の料理が下手なのではなく、むしろ彼の作る料理は美味しいのだけれど、どうしても白米を食べるのがつらい。

ものの試しにと茹でてあるうどん玉や、そうめんなど、比較的食べやすい食材を買い置きしてみたものの、食欲が落ちていて到底台所に立って作る気になれない。

めまいを起こして二度転倒したりして、どうにもエネルギーが足りていないようだ。

 

この日はお茶漬けを朝から食べたけれども、一口二口でもう嫌気が差してきて、それでも我慢をしてなんとか食べ、昼食は抜き、夕食はほとんど食べられなかった。

このままではまずいと思って、inゼリーを注文し、ワクチン接種の際に買い込んでおいたレトルトのお粥が二つばかり残っているのを確認した。

ここのところ毎日のように「食欲がないとき 食べやすいもの」というワードで検索をして、その結果出てきた食べものを取ろうとするのだけれど、胃腸が弱いため、冷たいものをたくさん摂るのは抵抗があるし、inゼリーは必要悪だとしても、糖質の塊のようなものを摂ろうとは思えない。

ここ最近は昼食が取れなかった場合に、料理をしないでも調えられる、ミックスナッツや塩ヨーグルト、ハムを盛りつけたプレートを用意するようにしているけれど、この日はそれすら摂る気になれなかった。

食欲のないときには無理に食べないと決めていて、それはそれでいいと思っているけれど、食べるのがストレスになっているのはあまりよろしくない。

ネットで診断をしたところ、摂食障害傾向があるとのことだった。

azscitechfest.org

私の場合は過食に傾くことはまずないけれど、せいぜいあまり不健康になりすぎないように気をつけたい。

 

長々と書いてしまったけれど、そうした一日だったので、夕食時に主人が「ゆるキャン△2期を観よう」と誘ってくれたのはうれしかった。

食べ物が出てくる作品なので、かえってストレスになるかもしれないと思ったけれど、可愛らしい少女たちが美味しそうにごはんを食べている様子には素直に癒される。

1期もとても楽しんで観たアニメで、原作もいずれ読みたいと思っていた作品なので、これからまたアニメを楽しむ日々が始まると思うと、少しわくわくしてくる。

個人的には白い砂のアクアトープの続きを観たいと思っていて、主人に打診したところ、観ようという話になったので、ゆるキャン△の次にはそちらを観るかもしれない。

白い砂のアクアトープは風花ちゃんのぬいぐるみや、タペストリーなどグッズを買ったほど、お気に入りのキャラクターになり、主人からも「雨伽に似てるよね」と云われたので、ぜひ続きを観たいと思っている。

夏も近いし、新居ではそのグッズを飾れるといいなと思う。

そうしてルピシアのキャラメレをいただいた。

食べることはストレスでも、やはりお茶の時間は楽しく、好ましい。

もともとあまりお茶と一緒に甘いものを摂るタイプではないので、ストレスを感じないというのもあるのかもしれない。

ここのところは少しだけ中国茶がマイブームになっていて、ルピシア中国茶をあれこれ楽しんでいたりする。写真はいただきもののルピシア鳳凰単叢 夜来香。

大好きなアニメとお茶の時間を楽しみにしながら、なんとかこのつらい時期をやり過ごしていきたい。