ANIRON

ひとりごと日記

2022.05.19-21 詩歌の道を進む覚悟

こちらの記事が音楽トピックにお邪魔していました。

aniron.hatenablog.com

お読みくださった皆様、評価してくださった皆様、ありがとうございました。

引き続き当ブログをよろしくお願いいたします。


さて、20日は主人とともに新居の引き渡し後の確認をしてきた。

詳細についてはこちらのブログに書いたので繰り返さないでおく。

snowrabbit21.hatenablog.jp

翌日の20日PMDDの影響で情緒が著しく不安定で、この日記をやめてしまおうか、その代わりに小説が書けるのではないかと思ってしまったのだけれど、どうしても私の病状を考えると小説を再び書くのは難しい。

しかもこの日記は単なる日記ではなく、読者の皆様との自助グループの一環を担っていると思っているので、やはり続けたい。

そうすると自ずとできることは絞られてくるし、日記と主婦ブログを主軸にしつつ、創作は詩歌一本に絞った方がいいのかもしれない。

適応障害になって小説にはもう戻るに戻れないだろうというのは半ば諦めかけていたことだし、今は小説を読む心のゆとりも全くない。

どうしても自分を起点としてしか物事を享受できない節があり、そのことに対して主人からは否定的な意見を告げられたけれども、私個人として、読むに際しても切実な動機が自分の中になければ、何を読んでも仕方がないとも思っている。

そのことははっきりと主人には云わなかったし、それぞれの読み方があっていいとは思うけれども、私は私の読み方を曲げるつもりはないし、あるいは創作にしても何度も考えたけれども、詩を捨ててまで小説を書くという気持ちになれずにいる。

詩は私にとって唯一無二の友であり、たとえ短歌を捨てる日が来ようとも、詩を捨てる日は来ないだろうと思う。

そういうわけで幾らか気持ちの整理がつくまでに時間がかかってしまって、こちらの日記を書くのが随分と遅くなってしまった。

まだ気持ちが揺らぐこともあるかもしれないけれど、私にはお守りにしているポケモンのビートくんのぬいぐるみがあるから、弱った時は彼を眺めたい。

引越し準備もいよいよ大詰めを迎えていて、なかなか創作ができない日々がつづいているけれど、それでも私の心は詩と共にある。

先日、国立国会図書館で詩歌の稀覯本も無料で閲覧できるという趣旨のツイートを見かけたけれど、私としては多少他のことを犠牲にしてでも紙の古書が欲しいし、どうしても集めたい。

詩歌の道を進む覚悟がようやくできてきたということなのだろうと思う。

このままプロになれるかどうかはまだ遠い道のりだと思うし、叶わないかもしれないけれど、それでも投稿をつづけていきたい。