ANIRON

ひとりごと日記

2022.10.03 『2023-2024年度版 ユーキャンの保育実用ダイアリー』のテキストを担当させていただきました



「かわいくて使いやすい」と毎年人気の手帳!
忙しい保育者さんを強力サポートするオリジナル手帳の2023‐2024年版。
保育士さんと共同開発ならではの手放せなくなる工夫が満載です。

さらに今年はお客様の声をもとに、四季折々のあそびや季節行事の由来、絵本や歌の紹介、月の満ち欠けなど、毎日の保育に役立つ「季節の話題」を大幅追加!
かわいさと機能性を兼ね備えた、頼れるダイアリーです。

リバーシブル仕様のカバー
表面はかわいらしい動物たちと街のイラスト、裏面はおしゃれなウサギのパターンで、1年間楽しく使っていただけるようなデザインとなっています。

◆月間カレンダー【2022年12月~2024年3月】
あると便利な「今月のお誕生日」欄つき。
月ごとの花や野菜、虫の紹介など、「季節の話題」もたっぷり。

◆週間カレンダー【2023年3月20日~2024年3月31日】
たくさん書き込めるメモ欄と「季節の園だより文例」つき。
4月からの「年度切り替え」で使用したい方にも対応しています。

◆困ったとき、すぐに役立つ保育情報がたっぷり!
吐いたとき、ケガをしたとき、熱が出たときなどの緊急時対応から、登園停止の感染症や虐待のサイン、チェックリストつき感染予防のポイントまで、いざというとき手元に持っておきたい子どもの健康情報が満載。
さらに季節ごとのあそび、手あそび・歌あそび、保護者対応のポイント、月齢・年齢早見表など、保育の現場で必要な情報をしっかり掲載しています。

こちらの保育実用ダイアリーの季節の園だより文例のテキストを全文担当させていただきました。
ライターとしてのお仕事はこれが初めてでしたが、リテイクもなく、無事に刊行まで漕ぎつけられてほっとしています。
奥付には嘉村詩穂名義の名前も入れていただきました。
こうしてご縁があってお仕事をいただけたことにまずは感謝したいです。
商業文芸誌『文芸ラジオ』を除いては、自分の書いた文章が商業ラインに乗るのは初めての経験だったので、得難い経験をさせていただきました。

 

なにぶん初めての経験ということもあり、至らないところもあったかと思いますが、日々の週10時間を超えるブログ執筆が仕事につながったことは心から喜ばしく感じますし、今後とも精進して参ります。
今後とも何かご縁がありましたら、ぜひ文章のお仕事をさせていただければと思います。
御用命の方はstar_light_bellflower☆outlook.jp(☆→@)までご連絡いただければ幸いです。
ノンフィクションとしましては、下記の二つのブログの他、Kindleにて図書館エッセイ集『図書館という希望』を書いております。

aniron.hatenablog.com

snowrabbit21.hatenablog.jp

ブログ「広寒宮」で綴ってきた図書館にまつわるエッセイに書き下ろしを加えた、図書館エッセイ集です。
「もうひとつの家」としての図書館との付き合い方や、うつ病当事者としての図書館との関わり、一利用者から見たコロナ禍の図書館の記録、幼少期に通った図書館との思い出など、今だから読みたい内容をぎゅっとまとめました。
本書が図書館を愛するすべての人の友となりうることを心から願っています。

-収録作品-
図書館という希望
ふたつの棚
図書館という友人
ふたたび図書館へ一
図書館の使い方を模索する
コロナ禍の図書館について
蔵書の整理
ふたたび図書館へ二
先達の目とBANANA FISHにみる図書館の精神
図書館という知の海に漕ぎ出す
図書館で知を拓く
学校の図書室の思い出
非常事態宣言下の図書館
本書に登場した書物

フィクション、詩歌につきましては下記のプロフィールに、雑誌掲載歴など、これまでの業績を掲載しております。

併せてご覧いただければ幸いです。
何かご不明な点などありましたら、ぜひ上記メールアドレスまでお問い合わせください。