ANIRON

ひとりごと日記

2022.11.14 Google Keepの使い道

はじめに

愛猫・冴ゆの調子がここのところいつもと違っているのが気になり、動物病院を受診しても異常が見当たらなかったため、ひとまず日々のチェックをきめ細やかに行っていく必要がある、という状況になった。

Twitterではこれまでに日々冴ゆの様子を投稿していたのだけれど、いつもご覧くださっているフォロワーさんに何かと心配をかけてしまうかもしれないと思い、また個人的にも体調不良が続いていて、なかなか表立って書けることばかりでない現状があるので、ひとまずTwitterから少し離れることにした。

この間、少しばかりTwitterを覗いたりはしていたものの、やはり投稿するとなるとためらいが生じてしまい、身内アカウントにも、表立って運営しているアカウントにもほとんど投稿しない日々を送っている。

初めのうちは何かと不自由なのではないかと思ったけれど、Google Keepに壁打ちするからこそ叶えられたこともあるので、それらについて書いてみたい。

 

ヘルスケア・愛猫のヘルスチェック

元々Google Keepを使おうと思ったのは、何かとTwitterの身内アカウントの返信欄に不調のことをツイートすることが多く、念の為TLには表示させないように工夫してはいたものの、自責感が募ったこともあって、気兼ねなく体調のことなどをメモしておける場が欲しいと思ったのがきっかけの一つでもあった。

そういうわけでTwitterの身内アカウントで行っていた、頭痛ーるのメモなどは、スクショをGoogle Keepに貼り付けておいて、横に三つほど並べて表示できるというメリットがあるため、時系列順に並べている。

要注意なのは後→前の時系列で貼らないと、左から時系列に並べられないことなのだが、これさえクリアできれば、あとは一日いつでもチェックできるので便利だ。

また愛猫の様子も、餌を食べた時には記録をし、残した時にはその時にも写真を撮って記録しておく。

さらに夕方になってこの日は地震があったため、NHKのニュース速報のスクショと、その後の愛猫の様子を写真に撮って記録しておくことにした。

冴ゆはしばらく興奮状態だったが、その後自動給餌器の餌を少量食べ、排泄も無事にできて、今はポエングに横になって眠っている。

ここのところ食欲が落ちているのが気がかりなので、しばらくこうして様子を記録するのにGoogle Keepを役立てようと考えている。

 

気になるニュース記事のまとめ

かねてから書いていた通り、Twitterでは敬遠されがちで、はてなブックマークで何かと荒れがちな時事ニュースも、Google Keepなら気兼ねなく保存できる。

aniron.hatenablog.com

地震関連の情報はTwitterだとどうしても不審なものが入り込んでしまうことが前からストレスだったし、その点ニュースソースをNHKニュースに絞ったことで、気がかりなことなども見出しをコピペして貼っておけば、記事が消えても後から見返せるようになった。

Twitterと違って人のわりとどうでもいい意見を耳目にすることなく、自分の関心のあるトピックについて時系列でまとめられるので、この方法は私にとって理にかなっている。

これまでは朝日新聞毎日新聞の新聞アプリに加入していたが、情報を増やすのではなく、ソースを減らすことで、むしろ快適になったと感じる。

 

情報を一箇所に集約させること

私は一日につき一つのメモを使っていて、タイトルには日付を記入している。

このようにすることで、一日の情報が一箇所に集約され、Twitterでは冴ゆの愛くるしい様子は表立って運用しているアカウントへ、体調メモは身内アカウントの返信欄へ、と分散していたのが、一目瞭然になり、見やすくなったと感じる。

以前はアナログノートを多用していたのだが、猫を飼うことになってアナログでノートを書くゆとりがなくなってしまい、デジタルへほぼ完全に移行している。

それでもこの『情報は1冊のノートにまとめなさい』の真髄は、デジタルでもその有用性を発揮していると感じる。

誰に見せるわけでもないので、領収書画面のスクショなども氏名・住所を抜き取った上で貼ったりと、メモとしての役割を十分に果たしていると思うし、Twitterの経営の先行きが不透明なことから、Google Keepへの移住を考えたのだけれど、それは今のところ妥当だったと考えている。