ANIRON

ひとりごと日記

2022.12.28 木下龍也『あなたのための短歌集』を読む

元々の持病の不調に、月経困難症の症状と、実家との関わりをめぐる問題があり、主治医も病気で倒れてしまったので不調を伝えることもできず、詰んでしまって、勢いで注文してクリスマスに届いたばかりの『あなたのための短歌集』を読んだ。

きみがいまつまづきながら描いている地図は未来でだれかを救う

 

「悩む」とは想像力に火をつけて無数の道を照らすことです

 

絶望もしばらく抱いてやればふと弱みを見せるそのときに刺せ

 

君という火種で燃えるべきつらくさみしい薪があるんだ、おいで。

与えられたお題はさまざまにあるけれど、中でもこうして進路に悩み、人生に思い煩う人から与えられたお題に応える短歌が心を強く揺さぶった。

「言葉の力」というフレーズはありきたりなのだけれど、これほど力強い言葉があるのかと、萩原慎一郎の短歌を読んだときと同じような衝撃を受けた。

そんなふうになんの衒いもなく、真っ直ぐに言葉を投げかけられるなんて、と思ってしまう。人に言葉を差し出すときのためらいも十分に踏まえていながら、それでも言葉を投げかける逞しさを感じずにはいられなかった。

歌意は単純で、だからこそダイレクトに伝わってくる。それでいて、短歌でなければ決して表現できない言葉に収まっている。これがプロなのかということをまざまざと思い知らされた気がした。

同時に、自分自身が思いもがけず悩んでいたことなどもお題の中に重なるものがいくつもあって、その応答としての短歌も出色の完成度で、脱帽するしかない。

今年読んだ歌集はさまざまにあり、特に印象に残っている水原紫苑『如何なる花束にも無き花を』、横山未来子『金の雨』、大森静佳『カミーユ』と並べてみても、今年は本当に素晴らしい歌集に巡り会えたなと実感しているけれども、この作品もその一群に加わることになる。

ダイレクトに人生を謳うということに少し疲れていたし、そうした作風から離れて、もっと耽美的な作風で短歌を詠みたいという思いが頭をもたげてきていて、その思いに変わりはないけれど、より開かれた形の表現を模索してきたこの一年、その一つの究極の到達点に巡り会えた気がした。

この路線で短歌を作ることは私にはやはり難しいのかもしれない。まだまだ歌集を読む数をこなして、自分の道を探って行けるように励みたい。